Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

アートひと口メモ 「平櫛 田中(ひらくし でんちゅう)」近代彫刻家の巨匠

login

お知らせ

作家一覧

一覧へ

典具和紙彩画教室
 鴨江2-55-10  (株)エイティプロ1階  
 アートギャラリー玉庵にて
  マンツーマン指導
  ☎090-4466-0165
  松島まで

2019年10月30日

アートひと口メモ 「平櫛 田中(ひらくし でんちゅう)」近代彫刻家の巨匠

写真は、木版画家 永田寿治作品「七つのボトル」

アートひと口メモ 「平櫛 田中(ひらくし でんちゅう)」近代彫刻家の巨匠

写真は、永田寿治の木版画「七つのボトル」

平櫛 田中 
1872年~1979年 107歳没
岡山県井原市に生まれる。
1882年   平櫛家の養子となる。
1893年   10代に大阪の人形師 中谷 省古の下で彫刻の修業をする。
1898年   上京して高村光雲の門下生に  西洋技法 粘土で原型を作る。
1901年   日本美術協会展「唱歌 君が代」銀はい受賞。
1907年   文展入賞。 岡倉天心・西山か山(臨済宗の高僧)の影響を受け精神性の強い作品を制作。
        大正期になると、ロダンの彫刻から刺激を受けて、モデルを使用して塑像の研究に励む。
        昭和初期以降は、彩色の使用を試みる。
1908年   不完全の美を追求する。
1913年   「尋牛」制作。己の覚悟を込めたか。
1914年   「笑う」西山か山をモデルにした。
1936年   尾上菊五郎 演じる「鏡獅子」の制作に着手。戦中の8年間を経て再開し
1958年   完成に至る(実に22年間に及んだ)。国立劇場に飾られる。
1962年   文化勲章を受賞
1970年   小平市に転居  1972年小平市名誉市民になる。
1979年   自宅にて永眠
        彼の残した言葉 「わしがやらねばだれがやる。いまやらねばいつやる」
        この言葉は自身を鼓舞する為の言葉だったろう。

作家別作品一覧

お問い合わせ

TELTEL090-4466-0165 朝9時から夜9時迄対応出来ますので、御気軽にお電話下さい。

アートギャラリー玉庵(松島)営業時間:12:00〜17:00定休日:土・日・月 祝日 休み 5/1〜5/10・8/1〜8/31・12/25〜1/10

住所:浜松市中区鴨江2-55-10(株)エイティプロ内1F

詳細はこちら