Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

アートひと口メモ   エドゥアール・マネ

login

お知らせ

作家一覧

一覧へ

2020年01月16日

アートひと口メモ   エドゥアール・マネ

エドゥアール・マネ

アートひと口メモ   エドゥアール・マネ

永田寿治版画  「過ぎてしまった時間」

エドゥアール・マネ
          印象派の先駆者  19世紀後半に明快な色彩、平板な空間表現、大胆な構図により
         ヨーロッパ絵画に変革をもたらした。マネの描く作品は、意味深なシチュエーションや
         モチーフで知られる。その時代の社会風俗を主題とした絵画、富める者と貧しい者、
         着飾った人間の本質を多角的な視点で見つめ描いた。
         専ら関心は、現代都市の人間像であり目の前の現実を凝視し、瞬間の美に永遠を与えた。
       代表的な作品
1863年 「草上の昼食」  近代美術の始まりと目されている。
1865年 「オランピア」  (ベットの上に横たわる裸婦の絵)
1874年 「鉄道」     (蒸気機関車を見ている娘と別方向を見ている母の絵)
1882年 「フォリーベルジェールのバー」(ウエイトレスを正面に据え、後方の鏡に映るバーのお客を様々な視点で描いた絵) 
                       最後の作品になった。