Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

アート ひと口メモ 「岡本 太郎 パート1」

login

お知らせ

作家一覧

一覧へ

2019年09月17日

アート ひと口メモ 「岡本 太郎 パート1」
アート ひと口メモ 「岡本 太郎 パート1」

岡本太郎
父 漫画家・岡本一平.     母 歌人、小説家岡本かの子 の長男として
1991年 川崎市大貫家に生まれる。
18歳 東京美術学校入学。半年後中退。
19歳 両親と渡欧。20歳 パリ ソルボンヌ大学美術を学ぶ。
21歳 ピカソの作品に感動。アンデパンダン展に出品
22歳 非具象芸術グループ展に出品
24歳 ジョルジュ・バタイユの演説に感銘。
26歳 初めての画集「OKAMOTO」刊行
27歳 パリで民俗学を学ぶ。
29歳 帰国  37歳前衛芸術運動「夜の会}結成「アバンギャルド芸術研究会」発足
41歳 第4回日本アンデパンダン展にモザイク壁画第一作「太陽の神話」出品
42歳 1月2月パリにて個展。7月日本のアバンギャルド芸術家50人批評家、瀧口修造らと
国際アートクラブ日本支部を結成、代表となる。9月ニューヨークの風にて個展。